「なぞなぞ商会」ではカセットテープやLPレコードを出してはいたものの、「BwanaDick」へと移行しさらにまた「Bwana」となっている現在まで、
「形」ある物としての出版はなにもないわけでw、あるといえば「ステッカー」やら「Tシャツ」ぐらいでちょいと寂しいってことになり。
音を出して喜んでいただいてナンボなのがバンドって生き物なわけですからオッシャ作るかってことでタイトルの「限定30部CD-R」なわけです。
悲しい出来事もありましたが、一番の供養にもなるのではないかということで、2019年のパフォーマンスから色々と切ったり貼ったりとやってます。
今月中にはケースに収める冊子なども出来上がるという見通しなので一息つけるかなと。
量販はまずありえないw、いわばアングラバンドなのでなんか出るぞってのを知ってる人にだけ手渡る方式にしましたわ。
手にしていただいてニンマリもあるでしょうし、ケッってこともあるでしょうw。それはどうでも良いことでw、とにかくデータではないものを作りましたよ。
入手された方のブックシェルフの一角を埋めさせてもらいますわ~。
2019年の「Bwana」と「遠藤豆千代」がそこに居ます。

2019年12月31日の早朝、「MAHYA」「東京ザッパラス」のベーシスト「明田川満(通称アケ)」氏が永眠した。
あまりにも早すぎてあまりにも突然で、SNS上でその連絡を見つけた時には目を疑った。
奴が旅立ったほぼ同時刻、奴と交えた「ジョージ・タウン・リベリオン」の記録として冊子の構成のためにしていた作業を中断して眠ろうかと思っていた頃だ。
疲れていてもなかなか寝付けず、希薄でぼんやりとした意識のまま微睡むことしかできず、振り返りつつの時間を過ごしていたわけだ。
眠らせてくれないあの感じは今思えば虫の知らせだったのだろうか・・?。
奴と出会ったのは、俺が音楽の現場に戻りいわばリハビリをしていた頃。
当然ながら奴が夫人や東京の仲間たちと築いてきた時間に比べれば圧倒的に短い時間にすぎないのだが、なぜか奴の奏でるベースには懐かしさがあってずっと続いていた付き合いであったような感覚さえあった。
とはいえ実際ステージで奴の音の上で踊った機会は数度しかなく心残りとしか言い表せない。
ステージで会話が成立する数少ないベーシストのひとりだった。惜しんでも惜しみ切れない。
12月1日「ジョージ・タウン・リベリオン」というイベント。そして23日の夜に会う機会もあって馬鹿話に花を咲かせつつ呑み交わし、率先して関西へも足を延ばそうと意気込みを語り、全国でザッパ音楽のつながりが増えれば面白くなるね~なんて夢を語っていたのもなんだか遠い昔の出来事のようだ。
この喪失感はキツい。めっちゃキツい。
たとえ奴が疾患持ちだったとしても、定期的に受診もしており不安視されるようなことも聞いていなかったわけで、普通に考えれば一回り歳上の俺の方が同じ目に遭っても不思議ではない。大いなる神には猛抗議しなければならない。 そしてアケよ順番が違うんだよ。間違ってる。

「ジョージ・タウン・リベリオン 2019」無事終了しました。
武蔵野市吉祥寺「シルバーエレファント」にて、御大Zappaの死去そして生誕の月である12月第1週に毎年行われている祈念イベントがあります。
イベントタイトルは毎回変わるのですが、今回は彼のアルバム「ティンゼルタウンリベリオン」をもじっての「ジョージ・タウン・リベリオン」w。
主催は東京プログレ界ではいち押しの「TEE」や、ご機嫌なポップサウンドを得意とする「さんずい」などにリードフルートとして活躍の「イマケン」率いる「東京ザッパラス」。
バンマスの「イマケン」は、御大Zappaの息子「ドウィージル ザッパ」日本公演のステージに飛び入りし、ドウィージル直々に御大楽曲を演奏することを許された人物なんですが、昨年は長男誕生が重なった事でイベントそのものが流れました。ゆえに今年は二年越しの再開ってことになったわけです。
我ら「Bwana」はご存知かどうかは知りませんがw「なぞなぞ商会」が母体でもあり、再開へ向けての彼ら「東京ザッパラス」の意気込みをまっこう受けての参加。
こりゃ奈良の大酋長「遠藤豆千代」の参加がなくてなにが「Zappa」ぞってなことでw、遠藤とともに参加いたしました。
通例12月の第一土曜が該当イベントに振り当てられるのですが、かの「遠藤豆千代」は残念ながら土曜は「透析」の日。そのあたりを考慮してくれての日曜開催。
メンバー全員労働者でもあるわけなので夜の開催ではその日のうちに帰路に就くのも難しい。そこで昼間15時30分スタートと早めに設定されたわけです。
その設定にも関わらずたくさんの皆さんにおいでいただきまして両バンドあわせて3時間強の胸躍る御大祭りと相成りました。
ご来場くださいました皆様ありがとうございました!。
障害を抱えている遠藤・おそらく会場でも最年長の紫・高僧ゆえに多忙の初代ベーシスト和尚・後期「なぞ商」を支え続けてくれたパン助。
以上「なぞ商」メンバーから皆様へは最大限の賛辞を併せて贈ります。Zappaを好きでいてありがとうございます。
なんやかやと細々とではありましたが「Zappa好きだ~」と吠え続けてきた者たちにとって皆様の笑い声やイエ~ィはなにものにも代えられない宝です。
ただひとつ、皆さんには大きな使命ができました。「東京ザッパラス」を支えている演者すべてを支えて行くこと。これは「なぞ商」からの伏してのお願いでもあります。
よろしくお願いいたしますね。
「シルバーエレファント」のスタッフ皆々様には仮設ステージまでご用意いただき、そしてかなりいい加減な注文でさえも快く対応して頂きましたことありがとうございました。
機会ありましたらその節はまたよろしくお願いいたします。
開催までいろいろお世話していただきました「東京ザッパラス」「MAHYA」のベーシスト「アケ」ちゃん。お疲れさまでした。
我らを招聘くださいました「東京ザッパラス」の皆々様 ありがとうね。最高にオモロでした。またお呼びください~と言ってる端から「2020年は名古屋だて~」という声も上がっており徐々に具現化していくつもりでおります。まずは日程~2020年9月19日(土曜)ell.SIZEにて「東京ザッパラス」名古屋初上陸の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は当日の「豆千代+Bwana」セットリストですが、「東京ザッパラス」と楽曲の住みわけが好評だったと思います。

  1. マイギター
  2. Son of 雑巾兄弟
  3. ジャーの中で父ちゃんと母ちゃんがなんかやっとるからチャンガの復習まで
  4. ジャパニーズ ハードコア エクスタシー
  5. お~い船頭さん
  6. 稲田真由子の場合
  7. 踊る時は裸で良いよ
  8. 俺んち官邸~モアとラブル
  9. 緑の仁丹
  10. 黒いナプキン
  11. 麻痺男
  12. なぞ商のテーマ

    大のカルシェンケルフォロアーであるイラストレーター梅村さん曰く「大雑把」が下地でオモロだったとのことw。
    気が付けばあらまぁでしたw。
    みなみなさままたどこかでお愛しましょうね。

「豆千代+Bwana」
Bwana G-Murasaki
Bwana B-Shikishima
Bwana Multi-En2Osho
Bwana P-Riki
Bwana Dr-Maco
Bwana Key-Angie with GETA
[BwanaHorns]
Bwana As-Cond
Bwana Bs-Acco
Bwana Ts-SO(new)
BwanaBros. Mamechiyo Endo

 2019年11月3日京都「Blue Eyes」という鰻の寝床状の箱にてライブ。
昨年12月「KDハポン」にて行った「BwanaDick plays Zappa」で一緒した、京都のデュオユニット「レザニモヲ」が主催したイベント「ザッパロウィン19」という名のイベントでした。
このイベントは名や季節などから想像できるように、御大ザッパが生前精力的に行ったハロウィンコンサートをもじっているわけで、当然のことながら演奏楽曲は「ザッパ楽曲のみ」という条件が付けられておりました。
出演は東京の盟友「MAHYA」そして我々「Bwana」にご存知「遠藤豆千代」を加えた「豆Bwana」、かの「レザニモヲ」は京都在住だろうか?名うてのプレイヤを従えて「ザッパニモヲ」というユニットにて、合計3バンド。そして驚くなかれ著作「大ザッパ論」を代表とするザッパ論で高名な「大山甲日」氏を各バンドの転換合間にトークショーさせてしまうというとんでもなザッパ一色の夜を過ごしたわけです。
思い返せば、今はもう存在しない「なぞなぞ商会」というバンドを立ち上げて40年の月日が流れている記念日的な区切りでもあるし、御大ザッパが1976年2月4日「京大西部講堂」にて公演を行ってから43年という記念的な出来事でもあったわけだ。この日の詳細は大山氏がブログにて面白おかしく表現されていて面白い。
https://uuuzen.exblog.jp/27850979/ から4ページほどを参照されると良いと思います。
先述した「なぞなぞ商会」は離合集散を繰り返しつつも2016年11月13日をもって完全に活動を終えたわけで、再度集まることはないでしょう。
各メンバーはそれぞれの道を歩み、いろんな形で音楽と関りを持って活動しております。そちらのほうもご贔屓願えれば幸いなことです。
今回「Bwana」はかつて「なぞなぞ商会」でメインアクター&メインヴォーカルを務めていた「遠藤豆千代」を招聘してイベントに臨んだわけですが、さすが「遠藤豆千代」!と言わざるをえないわけで、歳はとってもあのカリスマ的存在感は色あせてはおらず、あたかも「牛肉心臓親分」のごとくなパフォーマンスでした。
今回バックを務めた我々「Bwana」は紫・敷島には「なぞなぞ商会」や御大の下地はあるものの、他メンバーにはその蓄積がありません。この数年でなんとか数曲をおぼつかないまでも演奏できるぐらいの状態なのでフロントをつとめた「遠藤豆千代」には不安もあったことでしょう。しかし、御大ザッパの旧い時期のライブ感は少なからず出せたのではないかと自負しております。
「ザッパロウィン20」という計画も進行中とのことですからお調子者の我々は呼ばれればまた参上することでしょう。「レザニモヲ」頑張った!大賛辞を贈ります。
また、「遠藤豆千代」も御大ザッパを唄う熱は冷めてもおらぬようですし、次回12月1日(日曜日)には盟友「東京ザッパラス」とともに吉祥寺「シルバーエレファント」にてまた彼とともに皆様の前に現れます。豆千代風にいうならば「震えて待て!」です。
ただし、決して「なぞなぞ商会」の名の下ではなく、御大ザッパを敬愛する者たちとして、御大ザッパを日本に広く知らしめた自負を胸に。

ライブ主宰イマケン氏の第三子誕生のためにやむなく一年中断となった「Zappa祭」。一年の間を空けて 2019年12月1日(日曜日)
吉祥寺「シルバーエレファント」にていよいよ再開されます。
もちろんこの日は御大Zappa一色となります。
京都同様、盟友「遠藤豆千代」とともにBwanaも登場。
震えてお待ちください。
「シルエレ」のスケジュールに掲載された模様です。
https://www.silver-elephant.com/progre.html?fbclid=IwAR0TcvyMdw-EpLMDknT8fqh3nMOkPSb6Ya7i6jdILUiQRgGMfQrx0BU0mlc

前売:2500 当日:3000 とのことで、10月1日の15時よりチケット予約受付とのこと。
「シルエレ」のHPを参考になさってください。以下のようになっています。
前売り予約は電話・メール・店頭にて受け付けております。尚、メール 予約される方は下記の内容を必ずお書き下さい。
1、予約されるイベント日程
2、お客様の名前
3、予約枚数
4、お客様の電話番号
5、お目当てのバンド
チケットご予約開始 10月1日 15時より受付開始
メンバー全員でお待ちしてます。

「Bwana」としてのライブは年内残すところ二本となりました。
1/2
11月3日(文化の日)
京都「BlueEyes」にて「レザニモヲ」主催による「Frank Zappa」イベント
「ザッパロウィン19」へと遠征。
場所:京都府京都市下京区 仏光寺下ル五坊大宮町93京都和装ビル地下1階
電話: 075-366-3698
前売:¥3000 当日:¥3500 (他に1ドリンク費用が必要となります)
ご予約などはSNSなどでメンバー宛に「予約しとけってばよ~こら!」
またはメール bwanadickworld@gmail.com にても承り中です。
フライヤにもありますようにこの日は東京から盟友「MAHYA」が微分音の大家「冷水ひとみ」さんとコラボして登場。
我々Bwanaは、ご存知「なぞ商」よりの長い付き合い「遠藤豆千代」をメインアクターに迎え、もちろん全曲Zappa曲でお贈りします。
普段は二人ユニットの「レザニモヲ」もこの日ばかりはサポート奏者を加えてのスタイル。ザッパ研究者で名高い「大山甲日」氏もトークで参加と、どんな展開が待ち受けるのか楽しみでもあります。
もちろん盛り上がることでしょう。
2/2
ほぼ例年決まっている12月第1週の土曜か日曜。今年は12月1日(日曜日)の開催となっています。
御大Frank Vincent Zappa、1940年12月21日 – 1993年12月4日ということで生誕追悼併せてのイベント。
昨年2018年は「東京ザッパラス」主宰イマケン氏が第三子を授かりましたので涙の中止。
今年はどんな出し物が飛び出るやら?心待ちにしています。
こちらにもBwanaは、「遠藤豆千代」をメインアクターに迎え、もちろん全曲Zappa曲でお贈りします。
詳細決まりましたらまた改めて掲示させていただきます。

「興奮の一夜X2」完走いたしました。

遠路はるばるおいでいただいた皆様。
二日間通しで参加いただいた皆様。
お楽しみいただけたことと思っております。
奏者一同になり代わりまして厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
1日目だけに参加された方には2日目参加できずに残念だったね~と、2日目だけに参加された方には1日目も相当オモロだったよ~と悔しがらせて差し上げますw。
次回ありますれば果敢に2デイズの挑戦をお勧めしておきます~。

31日 「ell.SIZE」スタッフスタッフご一同様
七面倒くさいセッティングに手を焼いたことと思います。お疲れさまでした。ありがとうございます。また面倒かけさせてもらいますのでその節はまた来やがった~!と苦虫噛み潰して相手してやってくださいませ。よろしくお願いします!。

 

1日 「KDハポン」モモジ様はじめスタッフご一同様
ハポン初登場の「MAHYA」と「武田理沙」を紹介できたことを嬉しく思っております。
また大きな賛辞をいただきましたこと厚く御礼申し上げます。
「コスモスお」「Bwana」とともにごひいき願います。ありがとうございました。

「Bwana」近々の登場予定は来る11月3日@京都
12月1日@吉祥寺となります
詳細判明いたしましたらまたくどくどとご紹介させていただきます。お待ちくださいませ。

All Photo by SairiSuhara

時期が早いか遅いかの違いぐらいだと思っているのだが、メンバー2名が抜けました。
プロプレーヤでもない我々がバンドなんてものを続けていく上では、個人個人の生活基盤が
ある程度似通っていると円滑でもあるんだろうけど、まぁ永遠の課題ではありましょうw。
特に物理的な距離って問題ってのが大きいのかな。それと休日の持て方。
時間の共有がどれほど確保できるのかって点では上記の二点がやはり大きいわけですな。
抜ける人にとっては考え抜いてのことなので、そのあたりは笑って送り出すぐらいの度量も必要でw、
新天地でもオモロくやってくれればなによりよ~。
ってなことで公募しておきますわ。トロンボーン出来る人。トロンボーンを生業としてる方にはまったく「ほぼドシロート」な我々なので不向きですw。

「興奮の一夜X2」名古屋大須ell.SIZE 8月31日分のチケットは以下でもお求めいただけます。
ローソンチケット
https://l-tike.com/search/?keyword=%E8%88%88%E5%A5%AE%E3%81%AE%E4%B8%80%E5%A4%9C%E3%80%80%EF%BC%B8%EF%BC%92
チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1933559
9月1日(日曜日)@名古屋鶴舞KDハポンのご予約は
会場「KDハポン」へのお申し込み、または参加各ミュージシャン宛へのお申し込み、「Bwana」へのメールbwanadickworld@gmail.com にてお申し込みください。

 

8月31日(土曜日)@名古屋大須 ell.SIZE
開場=17時 開演=17時30分
9月1日(日曜日) @名古屋鶴舞 KDハポン
開場=16時30分 開演=17時

以上のように決定いたしました。よろしくお願いします。
事前のご予約は各ライブハウスまたは出演者まで。
または Email bwanadickworld@gmail.comでも承っております。
近々、「ローソンチケット」や「チケットぴあ」でも入手可能と思います。