Archive for the 未分類 Category

12月22日@「KDハポン」
総勢12名による「BwanaDick Plays ZAPPA」完走いたしました。
名古屋のみならず関東・関西からもおいでいただきました皆々様にまずはたいへん感謝申し上げます。
ありがとうございました。
面倒くさい設定や注文を絶えぬ笑顔で対処していただきました「KDハポン」モモジさんスタッフさんありがとうございました。
またいつかよろしくお願いいたします。
当初の発案では「遠藤豆千代」と「レザニモヲ」、我々「BwanaDick」にゲストとして「一緒にやらへん?」程度のことでしたが、
遠藤のZappa好きは百も承知、おまけにレザニモヲの38ちゃんがRuth好きとあっては、
全体の構成をゲストとして扱わせていただくのはかなりもったいないと思いなおし第三稿までの破棄からスターし直しました。
難点はただ一つw、12名が一堂に会しリハするような機会がまずはないであろうこと。(実際一度もありませんでしたがw)
遠藤とは「大仏と銀河」リハに名古屋へ訪れた際に2度ほど、レザニモヲとはホーンを除く基本ユニットが京都へ赴いて2度のリハということでありました。
なんとか改編に改編を重ねて第4稿にて昨夜のあの展開でございましたが、御大Zappaの70年代中期までの世界観はなんとか醸し出せたのではないかと自負しております。
自負してると天から「まだまだだぜ」と叱られますねw。
継続するバンド活動のエネルギーの原点。その一つに優れたお手本を目指すというものがあります。目指す方法にもいろいろありますが、我々は我々の解釈を加えて、まずなにより同じ空間同じ時を共有する方々とともに幸せ感を得たいところに重点を置いているのだと確信いたしております。
幸せな夜でありましたでしょうか?Overnite Sensationでありましたでしょうか?
継続という点では瓢箪から駒、2019年11月3日に昨夜と同じユニットでレザニモヲの拠点京都にて公演が決定いたしております。詳細はまたレザニモヲ経由発表されるはずですので震えてお待ちくださいw。さらにパワーアップされてお目見えできるはずです。
そう、ユニット名は「Mothers of Innovation」wとでも覚えておいてくださいませ。
ありがとうございました。またお目にかかりましょう。

1954年 「ビキニ環礁核実験」から生まれたともいえる「ゴジラ」映画にインスパイアされて御大「ZAPPA」は
名曲「KING KONG」をその後世に送り出します。
中央線を電車が走ります。迫りくる「ゴジラ」・・・。

「King Kong」にはやはり伊福部昭先生の
「ゴジラ」をもって応えたいと思ったところから
この「KDハポン」という会場を真っ先に
思い浮かべました。
高架下にある「KDハポン」の高い天井とその上を走る中央線。
列車が通過すたび、会場にその轟音が轟くあの感じは、「初代ゴジラ」で描かれた列車をつかみ上げ「お前らの叡智とはこんな程度か」と嘲笑うかのごとく次々と都市を破壊していく「ゴジラ」そのものを思い浮かべます。

セットリストです。
1.「ゴジラ」イントロテーマ
2.「電気爺婆はアンドロイドの夢を見るのか」
3.「Blessed Relief」
4.「Bwanaの秘密」
5.「ハートのクィン」
6.「日曜日の朝」
7.「雑巾兄弟」
8.「LAZY NIGHT」
9.「ムチウチ」
10.「Let’s Make The Water Turn Black」
11.「踊るときは裸でいいよ」
12.「美食の恩恵」
13.「Stolen Moments」
14.「酔っぱらい万歳」
15.「Sleeping In A Jar」
16.「ゴジラ再来襲」
17.「緑の仁丹」
18.「春宵感慨」
以上18曲プラスアルファでした。

「BwanaDick」に新しいメンバーが加わっての5月20日。
そのメンバーは「フルート奏者 Bwana Fl-Morey」と申します。
よろしくお引き立てのほどお願いいたします。
BwanaDickに加わって間もないことからまだまだ前へ出るようなシーンはありませんが、
それはこれからこれから・・徐々にですね。